SDGsとは、持続可能な世界を実現するために17のゴールを設定し、地球上の誰一人として取り残さないを誓ってたてられた世界を変えるための17の目標です。

2016年から2030年までの国際目標として、2015年9月の国連サミットで採択されました。150を超える各国首脳参加のもとでの採決と考えると、SDGsは、法的拘束力はないものの、2030年に向け、世界が合意した「持続可能な開発目標」と言えます。

17の目標は、

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. 全ての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

の17で、それぞれにさらに細かく169のターゲットから構成されています。

20世紀は、「石油争奪の時代」と言われていますが、21世紀は「水争奪の時代」へと変化しています。現代における最も大きなリスクは、「気候変動リスク」。日常の業務にどっぷりつかっていると忘れてしまいがちなのですが、外部要因リスクとして決して目をそらしてはいけないリスクと考えています。

人として、経営者として、大切な能力のひとつは、「足元のこと」と「世界レベルのこと」をつなげて考える思考力ではないでしょうか。

事業内容に関係なく、各社に共通の根底となる事業目的は、社会に貢献することです。

SDGsへの取り組みは、それぞれの事業を通じて、社会に貢献する手段として、わかりやすいものとなっています。この機会にSDGsの取り組みに興味を持って頂けたらと思います。

日経新聞による「全国815の市区の持続可能性・SDGs先進度調査」で京都市は、全国第1位となっています。感度の高い企業は、既に取り組みを進めています。

事業を通じ、社会に貢献することで、結果的に経済的豊かさを得る。好循環型企業が世の中にたくさん増える事を楽しみにしています。

国連広報センターHP

https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

外務省HPの企業取組事例

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/case/org1.html