今年も当社幹部社員2人と共に、小宮コンサルタンツさん主催のグアム経営計画策定合宿セミナーに参加してきました。

内容は、著書130冊を超え、テレビのコメンテーターも務められる経営コンサルタント小宮一慶氏による「経営の原理原則」「経済環境分析」など、経営とは何かを考える講義。「10年後の日本経済に影響を与える外部環境」など、いくつかのテーマに沿ったグループディスカッション。社長講話。参加各社に分かれての経営計画策定など充実のプログラムです。

自社の方向性を真剣に考え、幹部と本音でとことん意見を交わしあえる貴重な機会です。このような機会を提供くださる小宮コンサルタンツさん、ご参加企業、この忙しい時期に我々を快く送り出し、留守を守ってくれる社員に心から感謝です。

さて、今年で4回目の参加となりますが、合宿に参加すると、毎回たくさんの刺激があります。それは、すべて、人との出会いによってです。4泊5日を共に過ごすことにより交わす小宮さん、経営者、幹部との会話、立ち居振る舞い、経営者が幹部に投げる何気ない一言やしぐさ、今後目指している自社の未来像の一部を語られる瞬間・・・

すべてが、自分への刺激となり、自分自身への評価(自己評価)が起こります。

「至らぬ自分」と「素晴らしい経営者さん方」とを、どうしても比較してしまい、「落ち込むこと」を選択しそうになります。「落ち込み」を選択したところで、何も改善しない!時間の無駄!と自分を戒め、気持ちを立て直して(笑)、素晴らしい経営者さん方とどこが違うか。自分の行動、立ち居振る舞いをどう改善したらいいか必死に考える。先輩経営者に、自分の疑問点をぶつけたり、こんな時、どんなふうに判断されるかとか、ものごとの捉え方、考え方、判断基準を聞いてみる。

そして、先輩経営者から、聞いた言葉ひとつひとつを、もう一度、自分の経営に置き換え、考え直してみる。

そんなことをしている間に、ある日突然、寝起きの瞬間、お風呂上がりの瞬間、今までの自分とは、違う思考回路(神経回路!?)がつながった気がするときがあり、ハッと頭と心の霧が晴れます。

とにかく、すぐにアイデアをメモに殴り書く。

今までの人生を振り返っても、人生に悩み、葛藤の中で、もがき苦しんでいる時こそ、次のステージへ上れる脱皮間際の時期なのだと思っています。

ここから抜け出すために、何かを求めているとき、必ずその時々にふさわしい良き人、師匠との出会いがありました。

たとえ、言葉を交わすことがなくとも、人との新たな出会いにより、「ああ、こんな人生があったんだ」「こんな世界に生きている人がいたんだ」と気づく時もあります。

「自分もこんな人生を生きてみたい」「こんな世界で生きてみたいな」と世界(視野)が広がった瞬間、新たに目指すべきもの(光)が見えて、ワクワクしてきます。

光を見せてくれる人と出会い、光へ光へと向かうことで、人生が変わってきました。

人生は、人との出会いによって変わると確信しています。

自分のステージを上げる場面で出会えた、たくさんの恩人、師匠を決して忘れないでいたい。そして、感謝を形で返し、自分も良い影響を与える事ができる人間に成長していきたいです。